758007
top of page

エクセルマン・プロダクションズ社(略称:エクセルマン)は、フランス,パリをはじめアフリカ、グリーンランドからチェルノブイリやレバノンまでの海外ロケコーディネーターを専門として活躍しているテレビ制作会社です。
アフリカ専門コーディネーターとして知られていますが実はヨーロッパ全域でも、テレビ番組のENG取材や撮影コーディネート、ロケーション撮影コーディネート・マネージメントを実施する。所在地はフランス,パリ

エクセルマンの創立者であるダグラス・ライオンは、パリ・ファッション・ウィーク、数シーズンに渡り、ジャーナリスト・コーディネーターとして、『ファッション通信』(テレビ東京)を制作担当する。その後、フリーランスに転向し、『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ)、数々のバラエティ番組: 日本テレビ:『進ぬ!電波少年』(13ヶ国で)、『ネプ&イモトの世界番付』(数カ国で)などの制作コーディネーターとして参加する。長年、日本のテレビ業界の秘密でしたが,実はエクセルマン・プロダクションズは名番組日本テレビの電波少年シリーズの舞台裏にいた海外コーディネーターでした:特に猿岩石朋友パンヤオ)や電波少年INTERNATIONALキャイ〜ン等。

のちにエクセルマン・プロダクションズ社の創立に参加するアルベール・ラロワは、ダグラス・ライオと仕事を始める。ダグラスと共に、およそ200回におよぶロケ撮影と衛星生中継の番組の企画を提案、そしてコーディネート全面を担当する(FNN World Uplink)。

フランス2とフジテレビのためのTransparences Productions 社と、『ヴァン・ゴッホの謎』(ユネスコ賞)を共同制作し(フジテレビ側のプロデュースを担当)とEllen Von Unwerth の監督によるパルコ(デパート)のコマーシャル・フィルムの制作なども手がけ、次第に制作ディレクターから現地プロデューサーへとその活動を拡げて行く。フランス, イギリス, オランダ

アフリカ:ザイール(現:コンゴ民主共和国)でテレビ局用の報道プールのコーディネート

1994年のルワンダ内戦の際は、ザイール(現:コンゴ民主共和国)に設営される日本の各テレビ局用の報道プールのコーディネートを担当する。これをきっかけとして、その後アフリカ大陸での取材制作活動は長く収穫の多いものとなり、エクセルマン社の得意とする活動分野のひとつとなっている。

エクセルマン・プロダクションズ社は、1995年にパリで創立される

エクセルマン・プロダクションズ社は、コーディネート、そして番組(報道ニュース、衛星中継、電送、ドキュメンタリー、テレビドラマバラエティ番組、コマーシャルなど)制作全面に関する、幅広いプロダクションサービスを提供する。

スタッフ

場合により、ダグラス・ライオン,そしてアルベール・ラロワに、各部門の技術力と信頼関係で結ばれ、共同作業に慣れた多数の専門外部スタッフが加わる。 作業言語は日本語、英語、中国語、スペイン語、そしてフランス語。
ダグラス・ライオンは、米国カリフォルニア出身で、日本そして中国に滞在し、1982年以来フランス,パリ在住。
アルベール・ラロワの家族は、三世代前からフランス国籍ですが,ラオス生まれ、父はインド人でその母はベトナム人である。アルベール・ラロワはリサーチ,情報収集、資料収集、ロケ準備を担当しています。

テレビドラマ

広告

  • STAY GOLD (中畑広告 : ディレクター:本田昌広)

  • パルコ:(女の子って,いいでしょう) 1999年7月(電通、ディレクター:エレン・ヴァン・アンワース)

  • ポロ3:POLO HAS COME (フォルクスワーゲン、1994年8月)

  • マツダ:センティアの誕生 (ディレクター:Mastermind ProductionsのTakeshi Kimi、1994年4月)

中継

フジテレビワールド・アップリンク :史上最初の凱旋門からの衛星生中継 1996年7月
フジテレビワールド・アップリンク :エッフェル搭から 1996年
高松宮殿下記念世界文化賞 PRAEMIUM IMPERIAL (ルーブル美術館から、フジテレビ、1996年7月)
NHK「クローズアップ現代」:"アフリカを変える"チーター世代" アフリカのガーナ:ガーナテレビから中継 - 2010年04月)
等々

脚注・出典

外部リンク

bottom of page